1. ホーム
  2. 社会保険労務士試験の詳細
  3. ≫ 社会保険労務士試験の難易度

社会保険労務士試験の難易度

nayamu社会保険労務士試験の難易度についてですが、「社会保険労務士試験の合格率」の記事でも説明させて頂いた通り、平成25年度の合格率が5.4%と非常に低くこの数値だけ見ても難易度が高いのがわかります。

では、社会保険労務士試験以外の法律関連資格と比較した場合、どの位の難易度に位置付けているのかも気になるところだと思いますので、各資格の合格までに必要な勉強時間とその合格率を比べて難易度を付けてみたいと思います。

◆法律系国家資格の合格率と難易度について
資格名勉強時間合格率
(2013年度)
難易度
司法試験約10,000時間※1.50%
司法書士約3,000時間2.90%
公認会計士約3,000時間8.90%
弁理士約3,000時間10.50%
不動産鑑定士約2,000時間12.10%
税理士約2,000時間1.63%
土地家屋調査士約1,500時間6.84%
社会保険労務士約1,000時間5.80%
行政書士約700時間10.10%
宅地建物取引主任者約300時間15.30%

※司法試験は平成20年度より新制度となったため平成19年のデータを引用

司法試験は別格として、法律系試験の中でも社会保険労務士試験は難易度:中レベルの試験ということがわかると思います。ただし、社会保険労務士試験については科目合格制度がないため、その年度に全科目の合格点を超える必要があり、そのことを考えると学習レベルの難易度以上に難しい試験だと言えます。
※税理士や公認会計士は科目合格制度があるため、複数年かけて試験合格することが可能。

ゆえに、社会保険労務士試験の学習を進める場合は、得意な科目の学力を伸ばす勉強方法ではなく、どちらかと言えば苦手・弱点科目を作らないやり方で勉強を進めていかないと合格への道は険しいと言えるでしょう。

平成30年度(2018年度)向け 社労士の通信講座人気ランキング!

  1. クレアールの社会保険労務士講座

    クレアールの社会保険労務士講座

    出題傾向の高い部分に的を絞ったテキストや過去20年間分の過去問を分析して構成された「分野別完全過去問題集」など、とにかく『合格必要得点範囲』を徹底的に抑えることに特化した通信講座です!

  2. フォーサイトの社会保険労務士 通信講座

    フォーサイトの社会保険労務士 通信講座

    フルカラーのテキスト、通信講座専用に作成されたハイビジョン撮影による講義など教材のクオリティはピカイチです。複雑な法律の仕組みも分かりやすい言葉で説明してますので初学者の方にオススメの講座です。

  3. TACの社会保険労務士講座

    「資格の学校TAC」の社会保険労務士講座 公式サイト

    TACは基礎学力や学習期間に応じて複数の講座コースが用意されており、大手資格学校ならではの手厚いサポートが魅力!長年の指導ノウハウにもとづいた学習カリキュラムで社労士試験対策が行えます!