1. ホーム
  2. 通信講座を選ぶ際のポイント
  3. ≫ テキスト教材をチェックするポイント

テキスト教材をチェックするポイント

text通信講座で使用するテキストについては、その講座自体の内容を左右する重要な要素となりますので、あまり調べずに受講してしまうと後々後悔してしまうことも少なからずあります。

ボリュームは十分だが文章説明ばかりで理解しにくかったり、過去から内容が変わっていなかったりと試験対策をするうえで重要な部分もあれば、テキストの配色や大きさなど個人の好みに至る部分含めてチェックをしておきたいところですね。

そこで本記事では、テキスト選びに失敗しない為の事前チェックポイントを挙げておりますので、キッチリとチェックして自分に最適な教材を選ぶようにしましょう。

なお、最近では上の画像のように資料請求をすればテキストのサンプルを付けてくれるところもありますので、実際に手に取って自分の目で見て確認することをオススメします。
※当サイトの各通信講座レビューで資料請求時のサンプル(テキスト・DVD)の有無も載せておりますので、そちらも参考にしてください^^

講座オリジナルか市販のものを使用しているかをチェック

講座独自のオリジナルのテキストを作成しているところは、それだけ自社で社会保険労務士試験の内容を研究し、試験に必要な内容を厳選して作ってる証明にもなります。
ただし、市販のテキストを使ってるところはダメかと言われるとそういうことでもなく、評価の高い市販のテキストにわかりやすい解説講義などを付けて展開しているところもありますので、好みに応じて選べば良いと言えます。
市販のテキストを使っている通信講座でお考えの方は、実際に講座で使っているテキストを事前にチェックし、自分に合うか合わないかをチェックしておきましょう。

テキストの印刷は白黒/2色刷り/フルカラーかをチェック

管理人はあまり気にするタイプではありませんが、テキストの配色に関しては気にする方にとっては結構重要なポイントになってくるかと思いますね。
確かに見やすさ、読みやすさで考えれば2色刷り以上を選んだほうがよいと思いますので、ポイントとして重要視される方はおさえておきましょう。

テキストの大きさ、分量をチェック

自宅でのみ勉強する方はあまり気にする必要はありませんが、通勤途中など自宅以外の場所で勉強をする際は持ち運びのことを考えると、テキストがコンパクトになっているほうが望ましいですね。
サイズ的にはA4以下、科目単位で分冊されているようなテキストであれば持ち運びで苦労することはないと思います。

図表解説、重要ポイントのピックアップがされているかをチェック

延々と抑揚のない文章で説明が書かれているテキストだと、ハッキリ言って内容の理解、記憶がしづらいです。
特に難解な年金の仕組みなどは図表化されていなと理解しにくいところでもありますので、かならず視覚的に理解しやすい内容に纏められているかはチェックしましょう。
※管理人的にテキスト選びの一番重要なポイントだと考えてます。
また、各章、内容ごとでの重要ポイントがきっちりと整理されたうえでわかるように記載されているかも選ぶ際のポイントになってくるかと思います。

毎年の法改正に対応してテキスト自体も更新されているかをチェック

社会保険労務士試験の内容に関しては、毎年行われる法改正の内容も出題される範囲に含まれてますので、テキストに関しても改正後の内容に合わせた形で改版されているかをチェックしておきましょう。
なお、改版が追い付いていない場合でも、法改正後の差分情報を別資料で提供しテキストの不足内容を補完している講座であれば問題はないと思いますので、あわせて確認しておきましょう。

平成30年度(2018年度)向け 社労士の通信講座人気ランキング!

  1. クレアールの社会保険労務士講座

    クレアールの社会保険労務士講座

    出題傾向の高い部分に的を絞ったテキストや過去20年間分の過去問を分析して構成された「分野別完全過去問題集」など、とにかく『合格必要得点範囲』を徹底的に抑えることに特化した通信講座です!

  2. フォーサイトの社会保険労務士 通信講座

    フォーサイトの社会保険労務士 通信講座

    フルカラーのテキスト、通信講座専用に作成されたハイビジョン撮影による講義など教材のクオリティはピカイチです。複雑な法律の仕組みも分かりやすい言葉で説明してますので初学者の方にオススメの講座です。

  3. TACの社会保険労務士講座

    「資格の学校TAC」の社会保険労務士講座 公式サイト

    TACは基礎学力や学習期間に応じて複数の講座コースが用意されており、大手資格学校ならではの手厚いサポートが魅力!長年の指導ノウハウにもとづいた学習カリキュラムで社労士試験対策が行えます!